hitachi(日立)卓上糸のこ盤FCW40SA~支持片(A)

hitachi(日立)卓上糸のこ盤FCW40SAで支持片(A)のような消耗部品は、供給終了品でなければ1個から取り寄せが可能です。取り寄せたいけれど、どこで頼めばいいかわからない…、近隣に取り寄せができる店舗がない…、そんなお悩みをお持ちの方はぜひプロ工具専門店に問い合わせてみてください。メールフォームから展開図を依頼し、希望箇所を伝えていただければ価格と納期をご案内します。

↓本体ラベルに記載されている機種名と機種番号をお知らせください。折り返し展開図を送付します。

——————————————————

卓上糸のこ盤FCW40SAは、作業中の手元を明るく照らすLEDライトが付いています。ライトの位置は自由に変えられますので、作業がスムーズに進みます。

テーブル傾斜角度は左45度~右15度で、好みの角度に調節ができます。

簡単なダイヤル操作だけで、相手材や用途に合わせたストローク数を調節できます。ストローク調節ダイヤルの隣には、ヒューズとオンオフスイッチがあります。

糸のこの刃はピンエンドタイプ、ストレートタイプの2種類を使い分けることができます。ブロアノズルが付いて、切断時に発生する切りくずを吹き飛ばし、木材の下書き線がはっきりと見え作業がしやすい糸のこ盤です。

【展開図をお持ちでない方】
機種名と機種番号をメールフォームからお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

——————————————————

仕事で使っているhitachi(日立)電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク