【廃番】hitachi(日立)190mm卓上スライド丸のこC7RSHC~サイドハンドル

hitachi(日立)190mm卓上スライド丸のこC7RSHCで、サイドハンドルのような消耗部品は供給終了品でなければ1個から取り寄せが可能です。取り寄せたいけれど、どこで頼めばいいかわからない…、近隣に取り寄せができる店舗がない…、そんなお悩みをお持ちの方はぜひプロ工具専門店に問い合わせてみてください。メールフォームから展開図を依頼し、希望箇所を伝えていただければ価格と納期をご案内します。

↓本体ラベルに記載されている機種名と機種番号をお知らせください。折り返し展開図を送付します。

hitachi(日立)190mm卓上スライド丸のこC7RSHCは、スライドパイプが後ろに飛び出さないので、狭い現場でもワイドな切断ができる卓上スライド丸のこです。

墨線に合わせたレーザーマーカーは、アジャスタを回転させるだけでレーザーラインの照射位置を自由に設定できます。このレーザー照射部分は、裏墨が映り込む鏡面を採用しているので、裏墨が作業者側からしっかりと確認ができて、作業がスムーズに進みます。

両傾斜(左右0~45度まで角度調整が可)構造は、相手材をわざわざ持ち上げて反転する必要がないので、精度が高い留め切り加工が可能です(特許)。

材料に合わせて9段階にストッパが調節でき、角度設定はレバーで簡単にできます。長寿命のLEDライト付きで暗い現場でもはっきりと切断面を確認可能!

——————————————————

↓卓上スライド丸のこC7RSHCのサイドハンドルです。かなり酷使する電動工具部品で、経年劣化でハンドル部分がボロボロになることも。

サイドハンドルだけ交換すれば作業効率がグンと上がるのに…とお悩みの職人様は、1個から部品取り寄せが可能なので、遠慮なくお問い合わせください!


——————————————————

【展開図をお持ちでない方】
機種名と機種番号をメールフォームからお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

——————————————————

仕事で使っているhitachi(日立)電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク