makita(マキタ)電子マルノコ5732C修理:回転が止まらない

修理作業中のヒラさんを撮影していたら、マキタ電子マルノコ5732Cの修理が持ち込まれました。
症状は【スイッチを離しても回転が止まらない】とのこと。

上記不具合の要因は主に下記3つが考えられます。
1.スイッチの故障
2.カーボンブラシの摩耗
3.アマチュアの故障

ヒラさん、早速ネジを外してスイッチの交換に入ります。

5732c-04

外されたスイッチです。多少木くずが付着していますが、それほど汚れている状態ではありません。
ヒラさん談:比較的キレイに使われていますよー(^o^)

5732c-03

新しいスイッチと交換します。コードを差し込んで、スイッチを作動させ、指を離してみますが回転が止まりません。どうやらスイッチが要因ではなさそうです。

5732c-02

次にカーボンブラシを確認します。正常範囲内の減り具合です。念の為、新しいカーボンブラシをセットし、同じようにスイッチを入れて離してみますが、やはり回転が止まらない状態です。

こうなると考えられるのは【アマチュア】の故障です。【アマチュア】は工具の心臓部分のようなものなのでこの部分の交換はかなり費用がかさみます。(見積によっては、あえて修理をお勧めしないこともあります。)

5732Cは廃番になっているため、メーカーで部品を保持している期間が短くなっていることもあり、今回はお買い替えもご考慮いただき、お見積りをご提案したとのことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク