カテゴリー
よくある質問

【よくある質問】空調服のファンの修理部品は取り寄せできますか?

空調服はファンから送られる風を服内に循環させて服内部温度を下げるという、とても画期的なアイテムです。毎年春頃から「空調服のファン修理部品」についてのお問い合わせが多くなりますが、今回は先取りしてご質問にお答えしていきます。

 

【よくある質問】空調服のファンの修理部品は取り寄せできますか?

 

空調服のファンの修理部品は取り寄せできますか?

空調服のファン修理部品は供給されていませんので、ファンが故障した場合はファンごとの交換になります。

 

空調服のファンが故障した?ファンが動かない場合

 

空調服のファンが動かない場合は、ファンに附属されている取り扱い説明書に記載の「故障かなと思ったら」などの項目に当てはまらないか確認なさってみてください。

 

その後、下記の項目をチェックなさってみてください。

 

1・バッテリーは正常に充電されているか

2・バッテリーが故障していないか

3・ケーブルを正しく接続しているか

4・ファンにゴミ、ホコリ、異物が挟まっていないか

 

バッテリーは正常に充電されているか

 

バッテリーが充電されておらず、ファンが動かなかったというケースは多くみられます。

バッテリーが正常に充電されているか確認なさってみてください。

 

バッテリーが故障していないか

 

正常に充電されているのにバッテリーが動かない、スイッチが入らない、ボタンが動かないなどの場合は、バッテリー故障の可能性があります。

 

ケーブルを正しく接続しているか

 

ケーブルが正しく接続されていないケースもよくあります。またケーブルは消耗部品ですので、ケーブルの断線でファンが動かない可能性も考えられます。

 

ファンにゴミ、ホコリ、異物が挟まっていないか、ファン折れがないか

 

ファンにゴミやホコリが大量に付いている、異物が挟まっているなどの要因でファンが動かない場合もあります。またファンが折れてモーター接続部分を圧迫しているなどのケースもあります。

 

上記のケースが当てはまらず、ファンが動かない場合はファンのモーター故障、ファン内部部品の破損の可能性があります。

 

互換性のある空調服ファンやバッテリーを借りてチェック

 

同じ空調服メーカー、又は互換性のあるバッテリーやファン、ケーブルをお持ちの方がいらっしゃれば、不具合が疑われる部品を交換して稼働をチェックしてみるのもおすすめです。

 

例えばバッテリーの故障が疑われる場合なら、バッテリーだけお借りして正常に稼働するかをチェックします。

 

ファンやケーブルの故障が疑われる場合も、同様にお借りして正常に稼働するかチェックなさってみてください。

 

この方法だと、どの部品が故障しているのかを簡単に判断できます。

 

ファンやバッテリー、ケーブルをチェックしたが不具合原因が不明

 

ファンやバッテリー、ケーブルをチェックしたけれどファンが動かない原因がわからない場合は、空調服のファンを購入した店舗様へお問い合わせください。

 

その際は購入されたときのレシートや領収書、納品書などがあるとベストです。

ネットショップの場合は購入履歴をチェックなさってみてください。

 

ファンを買い換えるなら性能が格段にアップした2021年モデル!

 

チェックした結果、ファンが動かない原因がファン本体の故障だった場合は、ファンの修理部品がないため買い替えになります。

 

ファンやバッテリーは性能やデザインが一新されたモデルが毎年登場しますので、買い替えを検討されている方はぜひ2021年度発売モデルに注目してみてください。

※発売前ですが、予約受け付けをしている店舗様もあります。

 

メーカーさんの商談にオジャマしました。

2021年バートルファンユニット、バッテリーの性能を実際にお試し中です。

 

2021年バートルファンユニットの新商品商談

 

スパイダーマンをイメージして作られたとのこと。

去年のモデルは全体に塗装がされていたのですが、かなりオシャレな感じになってると思いました。

 

2021年バートルファンユニット新作

 

こちらは2021年モデルのエアークラフト・バッテリーです。

13Vにパワーアップしたのにサイズはコンパクト。

 

2021年空調服のバッテリー

 

楽天、Amazonの店舗では即納可能な2020年モデルもあり!

 

早めにファンを手に入れておきたい、暑くなる前に空調服の準備をしておきたい方は、即納可能な2020年モデルのファンもおすすめです。

 

気温が一気に高くなる4~5月頃からは需要が急激に増えますので、品薄になることが予想されます。ファンの買い替えを検討されている方はぜひお早めにどうぞ。

 

※購入に関するお問い合わせは直接各ショッピングモール店舗様へお願いいたします。

 

カテゴリー
makita(マキタ) よくある質問

【よくある質問】マキタ 電動工具展開図の取り寄せ方を教えてください

愛用の電動工具は自分で修理したい、自己修理ができるので部品だけ取り寄せたいという方からのお問い合わせ内容は多岐に渡ります。ここでは毎日寄せられるお問い合わせから、よくあるご質問にお答えしていきます。

 

【よくある質問】マキタ 電動工具展開図の取り寄せ方を教えてください

 

マキタ 電動工具展開図の取り寄せ方を教えてください

問い合わせフォームから「ご希望機種名」、「機種番号」をお知らせください。折返し該当機種工具の展開図(分解図)を送付します。

 

1・マキタ電動工具の機種名、機種番号をお知らせください

 

まずはご希望のマキタ電動工具の機種名、機種番号を正確にお知らせください。

 

今回は例として「マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510H」と「マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510HS」で解説します。

 

「AN510H」「AN510HS」では使用されている部品が異なります。同じような箇所でも部品番号が違いますので、機種番号を間違えてしまうと希望されていない部品をお届けしてしまう可能性があります。

 

それぞれの機種で互換性のある部品であれば問題ないのですが、そうでない場合はお手間をかけてしまいますので、機種番号のお間違いには十分ご注意ください。

 

 

こちらは「マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510H」の展開図です(※縮小版)

 

マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510H展開図

 

下記は「マキタ高圧仕上釘打機AF551HS」の分解図です。(※縮小版)

 

マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510HS展開図

 

 

2・お知らせいただいた機種番号の展開図をメールにて送付します

 

アフターサービス終了で部品供給打ち切り以外の機種であれば、ご希望機種の展開図をメールにて送付いたします(PDF)。

3・各携帯キャリア(au、docomo、softbank)の受信設定をお願いします!

 

最近、各携帯キャリアからお問い合わせいただくメールへの返信ができないケースが多くみられます。

 

迷惑メール対策でパソコンからのメールを受信拒否されている場合や、迷惑メールのフィルタ機能で知らないメールアドレスからの受信を拒否する設定がされている可能性があります。

 

メールのご返信ができないと展開図をご確認いただくことができませんので、問い合わせメールを送信して1日~2日以上経過しても返信がない場合は「info.kougukiraku@gmail.com」からのメール受信設定後、再度メール送信をお願いいたします。

 

 

「マキタの電動工具部品は1個から注文できる?」、「欲しい部品の名称や部品番号がわからないんだけど、分解図ってもらえる?」もちろん対応させていただきます。どんなに小さな電動工具修理部品でも、展開図に部品番号が掲載されていてメーカーに在庫があれば1個からお取り寄せいたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

楽天やAmazonでマキタ電動工具を買い替えたい方へ

 

「楽天やAmazonでマキタ電動工具を買い替えたいんだけど、調べるのが大変で…」というご相談をよくいただきますので、参考リンクを貼っておきます。楽天やAmazonポイントで電動工具を買い替える際にお役立てください。

 

※購入に関するお問い合わせは直接各ショッピングモール店舗様へお願いいたします。

 

カテゴリー
makita(マキタ) よくある質問

【よくある質問】マキタ釘打ち機の部品は取り寄せできますか?

愛用の電動工具は自分で修理したい、自己修理ができるので部品だけ取り寄せたいという方からのお問い合わせ内容は多岐に渡ります。ここでは毎日寄せられるお問い合わせから、よくあるご質問にお答えしていきます。

 

【よくある質問】マキタ釘打ち機の部品は取り寄せできますか?

 

マキタ釘打ち機の部品は取り寄せできますか?

メーカー部品供給打ち切り部品でなければ、お取り寄せ可能です。

 

マキタサイディング用釘打ち機の部品も取り寄せ可能です

 

makita(マキタ)サイディング用釘打ち機の部品も取り寄せ可能です。

今回は例として「マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510Hの分解図を掲載しましたが、機種番号により形状は異なります。

まずは【メーカー名、機種番号】をお知らせください。

※下記は縮小サイズです。実際には部品番号が判別できるサイズの資料を送付します。

 

マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510Hの展開図

 

下記は「マキタ高圧仕上釘打機AF551H」の分解図です。

※縮小サイズです。実際には部品番号が判別できるサイズの資料を送付します。

 

マキタ高圧仕上釘打機AF551Hの展開図

 

 

他のマキタ電動工具修理部品は注文はできる?

 

はい。可能です。同梱包での発送も可能ですので「ご希望機種名、機種番号」と「わかればシリアル番号」をお知らせください(※マックス、HiKOKI(旧・日立工機)、リョービなどの電動工具部品も可能)。

 

シリアル番号は、おわかりになればで結構です。ご希望部品箇所により、他部品とのセット交換が必要な場合があるため、その際はシリアル番号の確認が必要になることがあります。該当する場合は改めてお伺いいたしますので、まずは正しい「ご希望機種名、機種番号」をお知らせください。

まずは電動工具の「メーカー名・機種番号」をお知らせください

 

マキタ釘打機の部品をお探しの方は、まず「機種番号」をお知らせください。機種番号は省略せずに全てご記載ください。

 

お知らせいただきました後、下記のような展開図(分解図)を送付いたしますので、展開図に掲載されている機種番号をご確認の上、ご希望の部品番号をお知らせください。

 

マキタサイディング用高圧エア釘打機AN510Hの展開図

 

「マキタ釘打ち機部品は1個から取り寄せできる?」、「欲しい部品の名称や部品番号がわからないんだけど、分解ってもらえる?」もちろん対応させていただきます。どんなに小さな電動工具修理部品でも、展開図に部品番号が掲載されていてメーカーに在庫があれば1個からお取り寄せいたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

楽天やAmazonでマキタ釘打ち機を買い替えたい方へ

 

実は「楽天やAmazonでマキタ釘打ち機を買い替えたいんだけど、調べるのが大変で…」というご相談をよくいただきますので、参考リンクを貼っておきます。楽天やAmazonポイントで電動工具を買い替える際にお役立てください。

 

※購入に関するお問い合わせは直接各ショッピングモール店舗様へお願いいたします。

 

カテゴリー
makita(マキタ) よくある質問

【よくある質問】マキタ電動工具部品で「ベースコンプリート」は取り寄せできますか?

愛用の電動工具は自分で修理したい、自己修理ができるので部品だけ取り寄せたいという方からのお問い合わせ内容は多岐に渡ります。ここでは毎日寄せられるお問い合わせから、よくあるご質問にお答えしていきます。

 

【よくある質問】マキタ電動工具部品で「ベースコンプリート」は取り寄せできますか?

 

マキタ電動工具部品で「ベースコンプリート」は取り寄せできますか?

メーカー部品供給打ち切り部品でなければ、お取り寄せ可能です。

 

電動工具の「ベースコンプリート」ってどの部品?

 

makita(マキタ)トリマM373用のベースコンプリートは下記画像部品です。

(赤で囲んである「34」の部品全体です)

 

マキタm373ベースコンプリートの展開図

 

今回は例としてトリマM373のベースコンプリートを掲載しましたが、機種番号により形状は異なります。

 

下記画像のボディ部分、透明なプラスチック製の部分がベースコンプリートですね。

 

マキタトリマm373の画像

 

トリマ以外に「ベースコンプリート」ってあるの?

 

マキタトリマ以外では下記機種にも「ベースコンプリート」があります。

 

マキタチップソー

マキタルータ

 

「ベースコンプリート」はマキタの部品名で、マキタチップソーやルータのベース部分も「ベースコンプリート」の名称がついています。

 

まずは電動工具の「メーカー名・機種番号」をお知らせください

 

マキタ電動工具部品で「ベースコンプリート」をお探しの方は、まず「機種番号」をお知らせください。

 

お知らせいただきました後、下記のような展開図(分解図)を送付いたしますので、展開図に掲載されている機種番号をご確認の上、ご希望の部品番号をお知らせください。

 

makita(マキタ)トリマM373の部品をご希望の場合は、下記展開図を送付いたします。

マキタトリマM373の分解図

マキタはDIY用、プロ用どちらの電動工具部品も同じようにお取り寄せ可能です(※海外マキタ製の部品は取り寄せできかねます)。

 

「DIY用の電動工具だけど部品は取り寄せできる?」、「ツマミネジを1個だけ無くしてしまったけれど取り寄せしてくれる?」もちろん対応させていただきます。どんなに小さな電動工具修理部品でも、展開図に部品番号が掲載されていてメーカーに在庫があれば1個からお取り寄せいたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

楽天やAmazonでマキタトリマを買い替えたい方へ

 

「楽天やAmazonでマキタトリマを買い替えたいんだけど、調べるのがおっくうで…」というご相談をよくいただきますので、参考リンクを貼っておきます。楽天やAmazonポイントで電動工具を買い替える際にお役立てください。

 

※購入に関するお問い合わせは直接各ショッピングモール店舗様へお願いいたします。

 

カテゴリー
電動工具修理部品取り寄せの実例

HiKOKI(旧・日立工機)電気ディスクグラインダG18SH部品取り寄せの場合

マキタ、HiKOKI(旧・日立工機)、マックス、リョービなどの電動工具修理部品を取り寄せできるのはわかったので「実際にどのようにメールをすればいいのか教えて欲しい!」というお声を頂戴いたしました。ここでは電動工具部品注文の流れについて実例を元に解説いたします。

 

■免責事項
当ショップでは電動工具修理部品のご提供のみ行っております。修理に関するご質問、修理方法のアドバイス、修理箇所の特定などはいたしかねます。また電動工具修理は自己の責任内において行っていただきますようお願いいたします。

■電動工具修理部品取り寄せ時のご注意事項
電動工具部品は全てメーカーより取り寄せ手配後のご提供でございます。
そのため注文確定後のキャンセル、返品、交換はできかねますことを、予めご了承くださいませ。

ご注文確定後に部品取り寄せ手配をするため、ご注文のタイミングにより部品供給終了の場合がございます。

 

今回は新潟県・N様よりHiKOKI(旧・日立工機)電気ディスクグラインダ G18SHの修理部品取り寄せについての問い合わせをいただいたときのやりとりをご紹介します。

(※こちらのやりとりは2014年のものです。G18SHは廃番になっており、一部の部品供給が終了している可能性がございますことを、予めご了承くださいませ)

 

HiKOKI(旧・日立工機)コードレスディスクグラインダG14DSL部品取り寄せ事例はこちら

[card url=”https://dendoukougubuhin.com/customer-voice/4271/” class=”” color=””]

 

お問い合わせフォームからご希望電動工具の機種番号をお知らせください

 

必ずお知らせいただきたいのは「メーカー名」と「機種番号」ですが、メーカー名が不明の場合は下記画像赤ラインのように「正確な機種名」をお知らせください。
(もし可能であればシリアル番号をお知らせいただけると、適合部品選択がスムーズに進みます)

 

機種番号は省略せずに全てお知らせください。

 

ご希望機種(今回はG18SH)の展開図を送付いたしました

 

機種番号をお知らせいただきました後、ご希望機種の展開図(分解図)をメーカーより取り寄せて、メール添付しご返信します。

 

修理部品のご注文単位が1個の場合は、1個からご注文を承ります。
(※部品により1袋に10個入りなどの場合もございますので、その際はお知らせいたします)

ショップからの返信メールです

 

展開図からご希望部品番号をお知らせください

 

ご都合のよいときに展開図(分解図)と必要部品をご確認いただき、ご希望部品番号をお知らせくださいませ。

N様側でうまくメールが受信できなかったとのご連絡があり、わざわざその旨をお知らせくださいました。大変お手数をおかけいたしました。

N様からのご返信メールです

 

下記スイッチ部品をご注文いただきました。

ご希望部品番号の価格と納期をお知らせします

 

部品価格をお調べ後に、ご希望部品のお見積りをお知らせします。
部品取り寄せは、ご注文確定後にメーカーより行いますため、ご注文のタイミングにより完売や欠品の可能性ございますことを予めご了承くださいませ。

 

見積もりを確認後、ご予算や修理箇所により部品の増減は自由にできます。見積もりのキャンセルもご遠慮なくお申し付けください。

 

「ご注文確定」又は「見積もりキャンセル」をお知らせください

 

今回はお見積り通り、全ての部品ご注文をいただきました。取り寄せ手配後、当ショップ入荷まで5~7営業日ほどお時間を頂戴しております。

 

ご注文部品は即日メーカーへ取り寄せ依頼をいたします。万一長期欠品部品や供給打ち切り部品がございましたら、メールでお知らせいたします。

 

即日メーカーへ取り寄せ手配をし、5日ほどで取り寄せが完了いたしました。

正しい機種番号をお知らせいただけると取り寄せがスムーズです

 

G18SH部品は供給打ち切りでなければ取り寄せ可能

 

今回はHiKOKI(旧・日立工機)ディスクグラインダーG18SH修理部品の取り寄せまでのやりとりをご紹介しました。ご希望電動工具の「機種番号」を正しくお知らせいただければメーカーが不明でも、その後のやり取りで臨機応変に対応いたしますので、どうぞご安心くださいませ。

 

必ずお知らせいただきたい内容は下記のとおりです

 

・電動工具の「機種番号」

※記載されている数字、アルファベットは全てお知らせください
※お分かりになれば「シリアル番号」

 

「愛用の電動工具は自分でメンテナンスしてみたい」、「このくらいの故障なら自己責任で修理できる」、「標準付属品や消耗品を探している」方で、「取り寄せできる店舗がわからない」、「どこで注文すればいいかわからない」とお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

info@kougu-kiraku.com

カテゴリー
電動工具修理部品取り寄せの実例

HiKOKI(旧・日立工機)コードレスディスクグラインダG14DSL部品取り寄せの場合

HiKOKI(旧・日立工機)コードレスディスクグラインダG14DSL部品取り寄せの場合

 

マキタ、HiKOKI(旧・日立工機)、マックス、リョービなどの電動工具修理部品を取り寄せできるのはわかったので「実際にどのようにメールをすればいいのか教えて欲しい!」というお声を頂戴いたしました。ここでは電動工具部品注文の流れについて実例を元に説明いたします。

 

■免責事項
当ショップでは電動工具修理部品のご提供のみ行っております。修理に関するご質問、修理方法のアドバイス、修理箇所の特定などはいたしかねます。また電動工具修理は自己の責任内において行っていただきますようお願いいたします。

■電動工具修理部品取り寄せ時のご注意事項
電動工具部品は全てメーカーより取り寄せ手配後のご提供でございます。
そのため注文確定後のキャンセル、返品、交換はできかねますことを、予めご了承くださいませ。

ご注文確定後に部品取り寄せ手配をするため、ご注文のタイミングにより部品供給終了の場合がございます。

 

今回は鹿児島県のヘビーユーザーM様より、コードレスディスクグラインダG14DSLの修理部品取り寄せについての問い合わせをいただきました。

 

M様は2013年から電動工具修理部品を購入してくださっているヘビーユーザー様です。いつもありがとうございます!

 

HiKOKI(旧・日立工機)電気ディスクグラインダG18SH部品取り寄せ事例はこちら

[card url=”https://dendoukougubuhin.com/customer-voice/4277/” class=”” color=””]

 

お問い合わせフォームからご希望電動工具の機種番号をお知らせください

 

必ずお知らせいただきたいのは「メーカー名」と「機種番号」です。
(可能であればシリアル番号をお知らせいただけると、適合部品選択がスムーズに進みます)

 

機種番号(数字、アルファベット)は省略せずに全てお知らせください。

 

ご希望機種(今回はG14DSL)の展開図(分解図)を送付いたします

 

機種番号をお知らせいただきました後、ご希望機種の展開図(分解図)をメーカーより取り寄せて、メール添付し送信いたします。

 

M様からのご返信メールです。
部品番号と個数をお知らせください。

 

 

 

今回は赤丸で囲んである部品のお見積りご依頼をいただきました。
ブラシキャップのご注文単位は「1個」です。

 

ご希望部品番号の価格と納期をお知らせします

 

部品価格をお調べ後に、ご希望部品のお見積りをお知らせします。
部品取り寄せは、ご注文確定後にメーカーより行いますため、ご注文のタイミングにより完売や欠品の可能性ございますことを予めご了承くださいませ。

 

見積もりを確認後、ご予算や修理箇所により部品の増減は自由にできます。見積もりのキャンセルもご遠慮なくお申し付けください。

 

ショップからのご返答です。
修理部品価格、送料、代引き手数料、納期をこのようにお知らせいたします。

 

「ご注文確定」又は「見積もりキャンセル」をお知らせください

 

返信メール件名に「注文確定」とご記載の上、ご返信ください。

ご注文部品は即日メーカーへ取り寄せ依頼をいたします。万一長期欠品部品や供給打ち切り部品がございましたら、メールでお知らせいたします。

 

M様からは「注文確定」メールを頂戴いたしましたので即日取り寄せ手配をいたしました。正しい機種番号をお知らせいただけると取り寄せがスムーズです。

 

今回はHiKOKI(旧・日立工機)高圧ロール釘打機NV65HMJ修理部品の取り寄せまでのやりとりをご紹介しました。ご希望電動工具の「機種番号」を正しくお知らせいただければ、メーカーが不明でもその後のやり取りで臨機応変に対応いたしますので、どうぞご安心くださいませ。

 

必ずお知らせいただきたい内容は下記のとおりです

 

・電動工具の「機種番号」※記載されている数字、アルファベットは全てお知らせください

・お分かりになれば「シリアル番号」

 

「愛用の電動工具は自分でメンテナンスしてみたい」「このくらいの故障なら自己責任で修理できる」「標準付属品や消耗品を探している」方で、「取り寄せできる店舗がわからない」「どこで注文すればいいかわからない」とお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

カテゴリー
お役立ちブログ

makita(マキタ)高圧エア釘打AN531H:ピストンの動きが悪い

今日はマキタ50mm高圧エア釘打AN531Hを修理中におじゃましました。常連のお客様からお預かりした釘打機でピストンの動きが悪いとのこと。使い始めの何回かは調子がいいそうですが、連続使用すると「プスッ、プスッ」という不発音が。

AN531H-01

ヒラさん、早速排気カバーを開けてピストン内部を確認します。

AN531H-02

トップキャップを開けたところです。おそらくオイル切れのためにオーリングなどが摩耗していると思われます。

AN531H-03

やっぱりオーリングが摩耗していました。見た目は切れたり、ヒビ割れたりという状態ではないのですが、よーく見るとオーリングを置いたときに両側が上に反っているのがわかるでしょうか。これはオイル切れのためにリングに負荷がかかり、引っ張られてしまったからだということです。この状態だとオーリングの正常な役目を果たせず、エア漏れなどの要因の一つになってしまいます。

AN531H-07

AN531H-05

画像向かって一番右のリングは新品です。置いたときにどこも反っていない状態ですね。ヒラさんいわく、この状態をできるだけキープするには、まずオイルを切らしてはいけないそうです。

AN531H-06

(AN610H)用と記載されていますが、AN531Hと共通です。ヘッドバルブ周辺を点検されるときは、一緒に排気口補修用オーリングをセットで交換されることをお勧めします。オーリングセットは¥420(税抜き)で、1セットから取り寄せが可能です。

AN531H-04

「工具を長持ちさせるに、やっぱりオイル補給が一番大事だよ。」とヒラさんがつぶやいていました。使用する前にシュッと2回ほどプッシュするだけで、工具の持ちが全然変わってきます。修理預かりになると時間もお金も掛かってしまいますから、ぜひ使用前に一手間を惜しまずシュッとスプレーしてくださいね。
フジマック エアツール用オイルスプレー100ml

——————————————————

【マキタ50mm高圧エア釘打AN531Hの展開図をお持ちでない方】
メールフォームから【マキタ50mm高圧エア釘打AN531Hの展開図希望】とお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し部品の取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

——————————————————

仕事で使っているmakita(マキタ)電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

カテゴリー
お役立ちブログ

【フィニッシュネイラの不具合】ピンの頭が残る、ピンが詰まる時はコレが原因かも

※ご自身で電動工具を解体、修理される場合は自己の責任においてお願いいたします。

ピンネイラやフィニッシュネイラを使っていて「ピンの頭が残る」、「ピンが詰まる」などの不具合が出る要因の一つに「ピストンの折れ、欠け、減り」があります。

これはフィニッシュネイラのピストン先端がバッキリと折れてしまった例です。長年の使用による劣化なのか、負荷をかけた作業からくるものなのか、どちらにしてもピストンが要因であれば交換をすればまた快適に仕事ができます。画像向かって右が新品、左が折れてしまった交換部品です。

名称未設定-2

ピンネイラのピストンはフィニッシュネイラより若干細く作られています。工具自体の大きさも違いますから、それに合わせた太さになっています。

名称未設定-1

こちらは先端がすり減ってしまっています。画像向かって左が新品、右が交換した部品です。鋭角になっていないので上手くピンが打てない状態でした。

名称未設定-3

これは先端がキレイに折れてしまっています。。

名称未設定-4

最近調子がおかしいなぁというときは無理に使い続けず、お早めにお近くのプロ工具店やホームセンターに相談されますことをお勧めします。

もちろん、ご自分で工具の修理ができる方は部品の取り寄せも可能です。

——————————————————

【電動工具の展開図をお持ちでない方】
メーカー名、機種名、機種番号をメールフォームからお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
メーカー名、機種名、機種番号と展開図に記載されている部品番号、個数をメールフォームからお知らせください。折り返し取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具のメーカー名、機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

カテゴリー
お役立ちブログ

makita(マキタ)充電式カンナKP180D修理:カンナ刃の交換

マキタ82MM充電式カンナKP180Dのカンナ刃交換を依頼されたヒラさん。お忙しいお客様で「ちょっと現場に行ってる間に交換をお願い!」とのこと。

替え刃はホームセンターでも販売されていると思います。KP180Dは両面の刃が使えるので、切れ味が落ちてきたら入れ替えれば長く使えます。

KP180D-01

KP180D-02

ベースを外すと、ドラムプレートが見えます。この周辺はどうしても木くずがたまりやすいので、作業頻度にもよりますが定期的にベースを外してブラシで木くずを落としてあげるのがお勧めです。この一手間で工具の持ちが全く違ってきます!

KP180D-03

ボルトをゆるめた状態。このボルトやドラムプレートも、もちろん1本から取り寄せが可能です。替え刃を交換していてボルトがなくなってしまった場合など、ご遠慮なくお問合せくださいね。

KP180D-06

セットプレートを外し、替え刃の交換に入ります。ただ、ちょっと気になったのが、セットプレート端の曲がりです。何かに引っ掛けたのか、ぶつけたのか原因がわかりませんが、平な状態ではありません。とりあえず替え刃をセットして引っかかりがないかどうか確認します。

KP180D-04

この角度で見るとわかりやすいですね。画像向かって左側の端が曲がっていて、刃にひっかかりそうです。これはセットプレートも交換したほうがいいということで、マキタさんへ注文。セットプレートは1枚約250円(税抜き)ほどです。ご自分で替え刃を交換されるときは、他の部品に不具合がないかどうかもチェックされるといいですね。

KP180D-05

プレートは明日入荷しますので、それまでお預かりです。

——————————————————

【マキタ82MM充電式カンナKP180Dの展開図をお持ちでない方】
メールフォームから【マキタ82MM充電式カンナKP180Dの展開図希望】とお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し部品の取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

——————————————————

仕事で使っているmakita(マキタ)電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

カテゴリー
お役立ちブログ

makita(マキタ)電子マルノコ5732C修理:回転が止まらない

修理作業中のヒラさんを撮影していたら、マキタ電子マルノコ5732Cの修理が持ち込まれました。
症状は【スイッチを離しても回転が止まらない】とのこと。

上記不具合の要因は主に下記3つが考えられます。
1.スイッチの故障
2.カーボンブラシの摩耗
3.アマチュアの故障

ヒラさん、早速ネジを外してスイッチの交換に入ります。

5732c-04

外されたスイッチです。多少木くずが付着していますが、それほど汚れている状態ではありません。
ヒラさん談:比較的キレイに使われていますよー(^o^)

5732c-03

新しいスイッチと交換します。コードを差し込んで、スイッチを作動させ、指を離してみますが回転が止まりません。どうやらスイッチが要因ではなさそうです。

5732c-02

次にカーボンブラシを確認します。正常範囲内の減り具合です。念の為、新しいカーボンブラシをセットし、同じようにスイッチを入れて離してみますが、やはり回転が止まらない状態です。

こうなると考えられるのは【アマチュア】の故障です。【アマチュア】は工具の心臓部分のようなものなのでこの部分の交換はかなり費用がかさみます。(見積によっては、あえて修理をお勧めしないこともあります。)

5732Cは廃番になっているため、メーカーで部品を保持している期間が短くなっていることもあり、今回はお買い替えもご考慮いただき、お見積りをご提案したとのことです。

カテゴリー
お役立ちブログ

マックス高圧コイルネイラHN-75修理:釘が送れない

マックス高圧コイルネイラHN-75の修理中におじゃましました。お客様より【釘が送れない】とのことで修理ご依頼があったとのこと。
早速確認してみると、赤丸で囲んである部分がバッキリと折れていました。よくみると、2箇所折れていたので、これは部品交換でOK。

hn75-01

新品の部品を組んだ状態です。

hn75-04

次にピストン内部を点検。オイルがほどよく付いており滑りは悪くなさそうです。

hn75-02

オーリングの摩耗が激しいですね。画像だとわかりづらいのですが、奥の白いリングが新品です。
ピストン内部でリングが擦れてしまい、リング特有のふっくらとした丸みが無くなっています。これはオーリングの交換でOK。

hn75-03

思いっきり画像がブレてしまいましたが、あと30分ほどで点検修理が完了しそうです(^o^)

hn75-04

外側のカバーをガリガリを外しています。すでにボロボロの状態で、劣化して本体にくっついている状態でした。このカバーは取り寄せが可能なんですよ。もちろん、新品のグリップカバーと交換してご返却。

hn75-05

カバーの付け替えも完了しました!やっぱり使い勝手がよいほうがパフォーマンスも向上します。

hn75-03

ちなみに赤矢印の部分がカバーですが、それぞれ別々に取り寄せできます。価格は1枚税込み700円弱くらいです。グリップにガムテープを巻いて使っていて、長時間の使用がツライ方はぜひ取り寄せなさってみてくださいね。

名称未設定-1

——————————————————

【マックス高圧コイルネイラHN-75の展開図をお持ちでない方】
機種名と機種番号をメールフォームからお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

カテゴリー
お役立ちブログ

電動工具類はマメなお掃除でグ~ンと長持ちします。

すべての電動工具に共通するお話ですが
使った後のお手入れ次第で持ちが全く違ってきます。

例えばマックス高圧コイルネイラHN-50N。
ぜひ画像のような大きめのブラシで砂や木くず、ホコリを払ってあげてください。
(使わなくなった歯ブラシでも大丈夫!)

仕上げにエアダスタをかけて細かいホコリを飛ばせればベストです。

マックスhn50n-03

マックスhn50n-05

カテゴリー
お役立ちブログ

「これがダンパですか!?」使用前、使用後がスゴイ!

今日はエアネイラの修理をされていたヒラさんに
ピターっとくっついて修理の見学。

ごめんなさい!おじゃましまーす。

これはダンパ部分かな。
私「ダンパ部分って摩耗するとどうなっちゃうんですか?」

修理-04

ヒラさん「こーなっちゃうのよ。」

修理-03

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮! これはスゴイなぁ。。
使っていたユーザー様もかなり違和感があったのではないでしょうか。

エアネイラを分解して掃除中。

修理-07

修理-06

一個一個丁寧に部品を組立ていらっしゃいました。
私も黙々と細かい作業をするのが大好きなので
空いた時間で修理の方法を教えてもらっちゃおうかなとも
目論んでおります。

カテゴリー
お役立ちブログ

オイル切れは電動工具故障で最も多い要因の一つ

今日はマックス高圧コイルネイラHN-50Nの修理中のヒラさんに密着。「ピストンの動きが悪い」ということで修理預かりをしました。早速分解してみると…これはピストンが収まっている部分ですね。本来この中は指を入れたらオイルやグリスが付いていないといけない状態なのに何も手につきません。

マックスhn50n-01

グリスをピストンと周辺に適量塗りました。これで動きがスムーズになるはず。

マックスhn50n-02

オイル切れはもっとも多い不具合の一つですが、日頃エアツール用オイルを使用することでここまでのオイル切れを防ぐことができます。

使用する前にシュッと2回ほどプッシュするだけ。
フジマック エアツール用オイルスプレー100ml

カテゴリー
お役立ちブログ

日立高圧ピン釘打機NP55HM修理:ピンが出ない

日立高圧ピン釘打機NP55HMの修理作業中におじゃましました。ピンが送れない(出てこない)とのことで修理依頼がありました。ヒラさん、要因を探るべく全体を点検し、中を開けようとしますが…。

NP55HM-01

あれ?本来あるはずの部品が見当たりません。ここにヘッドカバーをガードするプロテクタがあるはずなのですが…。

NP55HM-02

赤丸部分のプロテクタ部分が完全に取れてしまっていますね(汗)このプロテクタの間にノリが大量に溜まり、それが固まって本体と外れない状態になっていました。なぜここにノリが溜まってしまっているのか正確にはわかりませんが、プロテクタが無いためにヘッドカバーとボディの接続部分からノリが入り込んでしまい、それがピストン部分まで及んでいる可能性も考えられます。もちろんピン打ち時に多少のノリは引き込む可能性はありますが、ここまで大量だと他の要因もあるのかどうか。

NP55HM-03

これは無理に外してしまうと本体内の細かい部品がバラバラに飛んでしまう可能性がありますので、メーカー修理に出しました。

プロテクタ部分の部品は、メーカー供給終了でなければ1個から取り寄せが可能です。赤丸部分だけでしたら1個¥400弱(税抜き)ほどですので、「プロテクタが壊れちゃったなぁ」というお客様はなるべく早めにお取り寄せなさってくださいね。

——————————————————

【日立高圧ピン釘打機NP55HMの展開図をお持ちでない方】
メールフォームから【日立高圧ピン釘打機NP55HM展開図希望】とお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

——————————————————

仕事で使っているhitachi(日立)電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

カテゴリー
お役立ちブログ

部品にヒビが入ってる!

オーリング部分は摩耗しやすいですね。
一番ご注文が多い部品部分でもあります。

修理-05

この部品は3~4年くらいの使用じゃ、こんなヒビは入らないそうです。
じゃ、何が原因なのかなーというと…

修理-02

夏の車中置きっぱなし!

真夏の締め切り車中温度は50度近くまで上がることがあるそうです。
オーリングなどのパーツは熱に強くないので
車中に置かれる場合はできるだけ直射日光が当たらない場所を選んでくださいね。

カテゴリー
お役立ちブログ

【レア物!】ピストンオーリング~ここまで使い込んではダメな例

ヒラさんが「ピストンオーリングのスゴイ使用例が出てきたよ」と持ってきてくださいました。これは新品のピストンオーリングです。表面はツヤツヤでふっくらと丸みがあり、適度な弾力があります。この弾力がピストン動作時の摩擦を軽減してくれるのです。

ピストンオーリング-01

が!画像向かって左のピストンリングを御覧ください。若干画像が鮮明ではないのですが、ツヤが消えていて表面がまっ平になっているのがお分かりになるでしょうか。ツヤも消えてオーリングの用途を果たすことができていません。

 

ピストンオーリング-02

ヒラさんいわく、ここまで使い込まれたオーリングは1ヶ月に1本お目にかかれるかどうかの【レア物】だそうです。もちろん、ここまで減ってしまうと使用時にいろいろと不具合が出てきますので、頻度にもよりますが「最近打ち込みの調子が悪いなぁ」とお気づきの方は、ピストンオーリング周辺の点検なさってみることをお勧めします。

ふっくらと丸みがありますか?

ピストンオーリング-03

——————————————————

ピストンオーリングのような消耗部品は、供給終了品でなければ1個から取り寄せが可能です。工具修理部品を取り寄せたいけれど、どこで頼めばいいかわからない…、そんなお悩みをお持ちの方はぜひプロ工具専門店に問い合わせてみてください。

【工具の展開図をお持ちでない方】
機種名と機種番号をメールフォームからお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し部品の取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

——————————————————

仕事で使っている電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

カテゴリー
お役立ちブログ

電動工具の修理作業風景とは

電動工具をご自分で修理したい方、できるなら自分で直したい!という方からのお問い合わせがすごく増えています。

エアコンプレッサーは慣れていないと自分での修理は難しいですね。
ガッチリと付いているのでカバーをはずすのも一苦労。。

syuuri-03

インパクトドライバーは性能が良くなって壊れにくくなったけれども
修理は難しくなっているそうです。

スイッチだけ、パッキン類だけの交換では不具合が改善されないことも多いとか。

syuuri-02

引き出しには数え切れないくらいのパーツが!

不具合を確認しながら「どの部品を交換すればいいか」を
適切に判断していくには経験と慣れが必要とのこと。

syuuri-01

これから「電動工具修理マイスター・ヒラさん」の仕事ぶりや
愛用の電動工具を長持ちさせるための秘訣
各メーカーさんから聞いた修理に関するお話などを随時アップしていきますー。

カテゴリー
お役立ちブログ

max(マックス)高圧エアホースの部品も取り寄せできます!

max(マックス)高圧エアホース( HSH4x10 など)の先端につける
エアチャックやエアプラグは取り寄せが可能です。

ホースの種類によって部品が異なるので
すべりーほーすライト、スーパーエア・ホース(HSHシリーズ)か
スーパーエア・ホース(スーパーソフトⅡシリーズ)を
ご選択ください。

ホースサイズは梱包されている外袋(ビニール袋)か
ホース本体に記載されていますが
「袋を捨ててしまった…。」、「文字が消えてしまって見えない…。」などの
場合もあるかと思います。

そんな時は、ホースの外径を測ってお知らせください。
サイズの測り方は下記をご参照くださいね。
↓これは内径5ミリのホースです。外径は約9ミリ。
エアホース5ミリ

↓これは内径6ミリのホースですが、外径だと約10ミリくらいになります。

エアホース6ミリ

測るとほんの1ミリの差ですが、見た目の太さは全く違うので
わかりやすいかもしれません。

エアチャックやエアプラグが壊れてしまった、ホース部品からエア漏れするなどで
お困りの方は問い合わせなさってみてくださいね。

【展開図をお持ちでない方】
ホース名と製品番号をメールフォームからお知らせください。折り返しホースの展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

カテゴリー
電動工具修理部品取り寄せの実例

HiKOKI(旧・日立工機)高圧ロール釘打機NV65HMJ・部品取り寄せの場合

■免責事項
当ショップでは電動工具修理部品のご提供のみ行っております。修理に関するご質問、修理方法のアドバイス、修理箇所の特定などはいたしかねます。また電動工具修理は自己の責任内において行っていただきますようお願いいたします。

■電動工具修理部品取り寄せ時のご注意事項
電動工具修理部品は全てメーカーより取り寄せ手配後のご提供でございます。
そのため注文確定後のキャンセル、返品、交換はできかねますことを、予めご了承くださいませ。

ご注文確定後に部品取り寄せ手配をするため、ご注文のタイミングにより部品供給終了の場合がございます。

マキタ、HiKOKI(旧・日立工機)、マックス、リョービなどの電動工具修理部品を取り寄せできるのはわかったけれども、「実際にどのようなやりとりをすればいいのかわからないので不安です。。」というお声を頂戴いたしましたので、電動工具部品注文の流れについて実例を元に説明いたします。

ショップ側で気づきにくい点をお知らせくださったF様、いつも本当にありがとうございます。
埼玉県・F様は2015年頃から定期的に電動工具修理部品や軽天ビスをご購入くださっているお客様です。

今回はHiKOKI(旧・日立工機)高圧ロール釘打機NV65HMJの修理部品について、初めてお問い合わせをいただいたときのやりとりをご紹介いたします。

ご希望電動工具の機種番号をお知らせください

必ずお知らせいただきたいのは「メーカー名」と「機種番号」ですが、メーカー名が不明の場合は下記画像赤ラインのように「正確な機種名」をお知らせください。
(もし可能であればシリアル番号をお知らせいただけると、適合部品選択がスムーズに進みます)
機種番号は省略せずに全てお知らせください。

 

ご希望機種(今回はNV65HMJ)の展開図を送付いたします

機種番号をお知らせいただきました後、ご希望機種の展開図(分解図)をメーカーより取り寄せて、メール添付しご返信します。

今はスマートフォンやiPadでご確認いただいているケースが多いようです。
「画面上でズームができるからスマートフォンのほうが便利なんだよね。」という声を伺い、「ああ!なるほど!」と納得いたしました。

展開図からご希望部品番号をお知らせください

ご都合のよいときに展開図(分解図)と必要部品をご確認いただき、ご希望部品番号をお知らせくださいませ。
今回は「63番」から「72番」までのお見積もりご依頼をいただきました。

ご希望部品番号の価格と納期をお知らせします

部品価格をお調べ後に、ご希望部品のお見積りをお知らせします。
部品取り寄せは、ご注文確定後にメーカーより行いますため、ご注文のタイミングにより完売や欠品の可能性ございますことを予めご了承くださいませ。
見積もりを確認後、ご予算や修理箇所により部品の増減は自由にできます。見積もりのキャンセルもご遠慮なくお申し付けください。

「ご注文確定」又は「見積もりキャンセル」をお知らせください

今回はお見積り通り、全ての部品ご注文をいただきました。取り寄せ手配後、当ショップ入荷まで5~7営業日ほどお時間を頂戴しております。

ご注文部品は即日メーカーへ取り寄せ依頼をいたします。万一長期欠品部品や供給打ち切り部品がございましたら、メールでお知らせいたします。

正しい機種番号をお知らせいただけると取り寄せがスムーズです

今回はHiKOKI(旧・日立工機)高圧ロール釘打機NV65HMJ修理部品の取り寄せまでのやりとりをご紹介しました。ご希望電動工具の「機種番号」を正しくお知らせいただければ、メーカーが不明でもその後のやり取りで臨機応変に対応いたしますので、どうぞご安心くださいませ。

必ずお知らせいただきたい内容は下記のとおりです

・電動工具の「機種番号」※記載されている数字、アルファベットは全てお知らせください
・お分かりになれば「シリアル番号」

「愛用の電動工具は自分でメンテナンスしてみたい」、「このくらいの故障なら自己責任で修理できる」、「標準付属品や消耗品を探している」方で「取り寄せできる店舗がわからない」、「どこで注文すればいいかわからない」とお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。