パンくずリスト
  • ホーム
  • お役立ちブログ

カテゴリー:お役立ちブログ

記事一覧

makita(マキタ)高圧エア釘打AN531H:ピストンの動きが悪い

お役立ちブログ

今日はマキタ50mm高圧エア釘打AN531Hを修理中におじゃましました。常連のお客様からお預かりした釘打機でピストンの動きが悪いとのこと。使い始めの何回かは調子がいいそうですが、連続使用すると「プスッ、プスッ」という不発音が。

AN531H-01

ヒラさん、早速排気カバーを開けてピストン内部を確認します。

AN531H-02

トップキャップを開けたところです。おそらくオイル切れのためにオーリングなどが摩耗していると思われます。

AN531H-03

やっぱりオーリングが摩耗していました。見た目は切れたり、ヒビ割れたりという状態ではないのですが、よーく見るとオーリングを置いたときに両側が上に反っているのがわかるでしょうか。これはオイル切れのためにリングに負荷がかかり、引っ張られてしまったからだということです。この状態だとオーリングの正常な役目を果たせず、エア漏れなどの要因の一つになってしまいます。

AN531H-07

AN531H-05

画像向かって一番右のリングは新品です。置いたときにどこも反っていない状態ですね。ヒラさんいわく、この状態をできるだけキープするには、まずオイルを切らしてはいけないそうです。

AN531H-06

(AN610H)用と記載されていますが、AN531Hと共通です。ヘッドバルブ周辺を点検されるときは、一緒に排気口補修用オーリングをセットで交換されることをお勧めします。オーリングセットは¥420(税抜き)で、1セットから取り寄せが可能です。

AN531H-04

「工具を長持ちさせるに、やっぱりオイル補給が一番大事だよ。」とヒラさんがつぶやいていました。使用する前にシュッと2回ほどプッシュするだけで、工具の持ちが全然変わってきます。修理預かりになると時間もお金も掛かってしまいますから、ぜひ使用前に一手間を惜しまずシュッとスプレーしてくださいね。
フジマック エアツール用オイルスプレー100ml

------------------------------------------------------

【マキタ50mm高圧エア釘打AN531Hの展開図をお持ちでない方】
メールフォームから【マキタ50mm高圧エア釘打AN531Hの展開図希望】とお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し部品の取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

------------------------------------------------------

仕事で使っているmakita(マキタ)電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

【フィニッシュネイラの不具合】ピンの頭が残る、ピンが詰まる時はコレが原因かも

お役立ちブログ

※ご自身で電動工具を解体、修理される場合は自己の責任においてお願いいたします。

ピンネイラやフィニッシュネイラを使っていて「ピンの頭が残る」、「ピンが詰まる」などの不具合が出る要因の一つに「ピストンの折れ、欠け、減り」があります。

これはフィニッシュネイラのピストン先端がバッキリと折れてしまった例です。長年の使用による劣化なのか、負荷をかけた作業からくるものなのか、どちらにしてもピストンが要因であれば交換をすればまた快適に仕事ができます。画像向かって右が新品、左が折れてしまった交換部品です。

名称未設定-2

ピンネイラのピストンはフィニッシュネイラより若干細く作られています。工具自体の大きさも違いますから、それに合わせた太さになっています。

名称未設定-1

こちらは先端がすり減ってしまっています。画像向かって左が新品、右が交換した部品です。鋭角になっていないので上手くピンが打てない状態でした。

名称未設定-3

これは先端がキレイに折れてしまっています。。

名称未設定-4

最近調子がおかしいなぁというときは無理に使い続けず、お早めにお近くのプロ工具店やホームセンターに相談されますことをお勧めします。

もちろん、ご自分で工具の修理ができる方は部品の取り寄せも可能です。

------------------------------------------------------

【電動工具の展開図をお持ちでない方】
メーカー名、機種名、機種番号をメールフォームからお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
メーカー名、機種名、機種番号と展開図に記載されている部品番号、個数をメールフォームからお知らせください。折り返し取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具のメーカー名、機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

makita(マキタ)充電式カンナKP180D修理:カンナ刃の交換

お役立ちブログ

マキタ82MM充電式カンナKP180Dのカンナ刃交換を依頼されたヒラさん。お忙しいお客様で「ちょっと現場に行ってる間に交換をお願い!」とのこと。

替え刃はホームセンターでも販売されていると思います。KP180Dは両面の刃が使えるので、切れ味が落ちてきたら入れ替えれば長く使えます。

KP180D-01

KP180D-02

ベースを外すと、ドラムプレートが見えます。この周辺はどうしても木くずがたまりやすいので、作業頻度にもよりますが定期的にベースを外してブラシで木くずを落としてあげるのがお勧めです。この一手間で工具の持ちが全く違ってきます!

KP180D-03

ボルトをゆるめた状態。このボルトやドラムプレートも、もちろん1本から取り寄せが可能です。替え刃を交換していてボルトがなくなってしまった場合など、ご遠慮なくお問合せくださいね。

KP180D-06

セットプレートを外し、替え刃の交換に入ります。ただ、ちょっと気になったのが、セットプレート端の曲がりです。何かに引っ掛けたのか、ぶつけたのか原因がわかりませんが、平な状態ではありません。とりあえず替え刃をセットして引っかかりがないかどうか確認します。

KP180D-04

この角度で見るとわかりやすいですね。画像向かって左側の端が曲がっていて、刃にひっかかりそうです。これはセットプレートも交換したほうがいいということで、マキタさんへ注文。セットプレートは1枚約250円(税抜き)ほどです。ご自分で替え刃を交換されるときは、他の部品に不具合がないかどうかもチェックされるといいですね。

KP180D-05

プレートは明日入荷しますので、それまでお預かりです。

------------------------------------------------------

【マキタ82MM充電式カンナKP180Dの展開図をお持ちでない方】
メールフォームから【マキタ82MM充電式カンナKP180Dの展開図希望】とお知らせください。折り返し展開図をメール宛にお送りします。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【展開図をお持ちの方】
展開図に記載されている部品番号と個数をメールフォームからお知らせください。折り返し部品の取り寄せ有無、見積もり、納期をご案内します。
メールはこちらから送れます⇒部品注文・お問い合わせフォーム

【修理見積もりを依頼したい方】
メールフォームから【修理依頼】を選択し、工具の機種番号と不具合の様子を簡単で構いませんのでお知らせください。折り返し、修理ご依頼手順の詳細をメールでご案内します。
メールはこちらから送れます⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

------------------------------------------------------

仕事で使っているmakita(マキタ)電動工具の壊れている部分がわかっていて、部品さえあれば自分で直せる方は、新品に買い換えるよりも直してしまったほうが大幅にコストが削減できますが、ご自身で直せない、修理する時間がない、不具合箇所がわからない方は修理見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
こちらから修理の見積依頼ができます。⇒修理依頼・お問い合わせフォーム

makita(マキタ)電子マルノコ5732C修理:回転が止まらない

お役立ちブログ

修理作業中のヒラさんを撮影していたら、マキタ電子マルノコ5732Cの修理が持ち込まれました。
症状は【スイッチを離しても回転が止まらない】とのこと。

上記不具合の要因は主に下記3つが考えられます。
1.スイッチの故障
2.カーボンブラシの摩耗
3.アマチュアの故障

ヒラさん、早速ネジを外してスイッチの交換に入ります。

5732c-04

外されたスイッチです。多少木くずが付着していますが、それほど汚れている状態ではありません。
ヒラさん談:比較的キレイに使われていますよー(^o^)

5732c-03

新しいスイッチと交換します。コードを差し込んで、スイッチを作動させ、指を離してみますが回転が止まりません。どうやらスイッチが要因ではなさそうです。

5732c-02

次にカーボンブラシを確認します。正常範囲内の減り具合です。念の為、新しいカーボンブラシをセットし、同じようにスイッチを入れて離してみますが、やはり回転が止まらない状態です。

こうなると考えられるのは【アマチュア】の故障です。【アマチュア】は工具の心臓部分のようなものなのでこの部分の交換はかなり費用がかさみます。(見積によっては、あえて修理をお勧めしないこともあります。)

5732Cは廃番になっているため、メーカーで部品を保持している期間が短くなっていることもあり、今回はお買い替えもご考慮いただき、お見積りをご提案したとのことです。